サンプルプログラム集: 並行実行による高速化

並行実行を使った郵便番号処理のサンプルです。
少々強引な作りです。
あくまでもサンプルとして。

サンプルプログラム内の「バッチ計測-1」と「バッチ計測-2」とで差が出れば効果あり、です。
が、このサンプルでは効果が薄い感じです。

Magic uniPaaS 1.9g2 で作成しています。
Magic xpa で使う場合は、Exportsフォルダのファイルをリポジトリ入力してください。
ダウンロード

何がどうなっているのかは自力で考えてください。